マイオリーニの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 非課金殴りはゲルダ喰い?(更新版)

<<   作成日時 : 2011/08/27 14:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。
非課金殴り狐を追及する、マイオリーニです。

このブログを始めた頃に書いた「非課金殴りはゲルダ喰い?」を読み返していたのですが、そろそろ内容が古くなってきたようなので、新たに書き直すことにしました。

元々この記事は、殴り職が認知され始めた当時に、どれくらいの手間が掛かるのかというのをお伝えするために書いたものでした。その点について現在も大きな違いはなく、非課金で殴り職を育てるには多くのゲルダが必要なのかと聞かれると、それは間違いなく必要です。
過去の記事で殴り職について色々とメリットを書いてきましたが、良装備あってのメリットだろうと言われると実際そのとおりで、思いつきで適当に作った乙装備では他のキャラと同等の活躍は出来ません。何でも器用に出来るということは、全てにおいて中途半端であるとも言い換えられますので、素質があるだけでは意味がないでしょう。また、非課金ということであればリアルマネーで装備を買ったり作ったりすることも出来ませんし、他のタイプで成長させてからグラフバックで戻すような操作も使えません。
でも、良装備が必要で課金すれば強くなるというのは、他のキャラでも同じことが言えます。では、非課金の殴り感や殴り魔では更に良い数値の装備が必要な理由は何でしょう?


※贅沢なステータス振り

キャラ本来の姿として、攻/魔/感/魅それぞれのタイプで得意な攻撃方法があり、自身のタイプに該当するステータスには最初から「4」が割り振られています。それ以外のステータスは基本的に攻撃には寄与しませんが、攻撃の助けになったり、別の得意分野を生む効果があります。例えば感覚キャラの場合、基本的な攻撃スタイルは感知ステータスに依存する一方、魅力ステータスを高めることで気絶しにくくなる、攻撃ステータスを高めるとガンナーになれるといった具合です。
これに対して殴り職では、キャラのタイプ本来のステータスに依存せず、攻撃ステータスに高く割り振るという特徴があります。つまり、殴り魔では魔法ステータスが、殴り感では感覚ステータスが攻撃面で「死にステ」になってしまいます。

画像
魔法ステは殴り攻撃に寄与しない


こうなると、どうしても足りなくなるのが魅力ステータスです。敵と密着して殴り続けることから、特に体力(以下、HP)を装備で補うことになります。また、これに依存して通常よりも多くの装備をHP上昇のために取られるので、結果的に火力も出しにくくなります。

画像
少なくとも、ベストと盾はHP合成必須


この死にステによって低下したステータスを補うために、通常より性能の高い装備を用意する必要があり、従って高額のゲルダが必要になるのです。
ウイングガードやハイプレッシャーのように、火力がそのまま防御に繋がるような手段を持つキャラが羨ましいところです。


※属性値を加算する手段

殴り職は攻撃スキルを使用しない代わりに、装備で属性を付けて、物理攻撃に属性の火力を加えて攻撃します。これが殴り攻撃の火力を上げる唯一の手段なわけですが、非課金装備の場合、属性を付けられるのは基本的に手持ち武器だけです。

画像
剣以外で属性が付く非課金装備(?)は、これだけ


課金装備では属性を付けられる帽子やリングがあるようなので、複数の装備の合計値で勝負できます。
属性を付けられる装備が1つだけとなれば、その装備だけで出来るだけ高い属性値を出さなければなりません。本気装備は数値が上がるほど指数関数的に値段も上がる傾向があるので、この点についても高額のゲルダが必要になります。

また、属性には光/闇/水/火/土/雷/風の7種類があり、それぞれについてモンスターごとに耐性や弱点が違います。

画像
水は効くが雷は効きにくい相手の例


非課金装備では「高火力でゴリ押し」というのが出来ませんので、モンスターに合わせて出来るだけ効果の高い属性を選んで武器を持ち替える必要があります。あらゆる狩り場に対応するには、全ての属性剣を持っているのが理想です。
高火力な属性剣を1本ゲットするだけでも大変なのに、これを全ての属性について用意するのは至難の業でしょう。
ただいまの本気装備」で紹介しているとおり、僕は運良く全ての属性剣を入手できましたが、どれだけの期間とゲルダを費やしたことか。。。


※苦労に合うだけの見返りはあるのか?

今まで書いた内容だとゲルダ喰うばっかりのネタキャラだと思われがちですが、ここで勘違いしてほしくないのは、逆に言えばそれだけ多くの装備を使いこなせるということです。

 ・魔−−−無属性魔法、選択した属性
 ・感−−−物理、銃
 ・殴り攻−物理、全属性
 ・殴り魔−銃以外全部
 ・殴り感−無属性魔法以外全部

種族本来のステは4持っているので、装備さえ揃えれば普通の狩り方も可能です。武器を持ち替えれば、それぞれの武器が持つ属性を使いこなすことが出来ます。つまり、ゲルダを使わないとマトモな狩りが出来ないのではなく、使った分だけパフォーマンスを発揮してくれる、と考えるわけです。

もちろん一点極振りの特化キャラには火力で勝てませんし、ボーナスポイントを振ってない分だけレベル上げや装備でカバーしなければいけません。その代わり、普通のキャラでは装備を揃えても絶対に出来ないことが、努力をすることによって出来るようになります。1人ないし2人を集中して育てることで複数の役をこなせるので、IDをいくつも取得して何人ものキャラを作る気力や時間がなさそうな人には向いていると思います。

画像
これが、殴り職のモットー!


いきなり全ての種類の属性剣を揃えようとすると挫折しますので、まずは主力になりそうな水剣や土剣の良合成品にマトを絞って挑戦してみてはいかがでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
非課金殴りはゲルダ喰い?(更新版) マイオリーニの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる