マイオリーニの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 狩りPTに参加しよう

<<   作成日時 : 2010/05/30 20:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

こんにちは。
非課金殴り狐を追求する、マイオリーニです。

今回は、個別狩りパーティについて書いてみたいと思います。


※パーティって何?

みなさんは「パーティ」という言葉を聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?
一般的なロールプレイングゲームの中では、同じ目的を持って行動する数人のプレイヤーの一団を指します。攻撃役や回復役などメンバーそれぞれに特徴があり、みんなで協力しながら困難を乗り越えていきます。
トリスタのパーティ(以下、PT)も基本的には同様なのですが、どちらかというとソロプレイの色が強いRPGということで、全くの他人同士でPTを作る場合があります。つまり、「個別狩りPT」です。


※「個別狩りPT」って何?

個別なのにパーティという、一見して矛盾した言葉ですが、経験値を稼ぐための狩りは個別狩りPTで行われることが多いです。これは、PTを組むとメンバーの種類に応じて経験値ボーナスがあるからです。後述しますが、PTメンバーのレベルや種類、人数が一定条件を満たすと、PTのタイプが変わり、タイプに応じたボーナスが付加されます。ちょうど、トランプのポーカーの役みたいな感じです。この仕組みを利用して、条件に合うキャラを募集し、ボーナスを付けて効率を上げようというわけです。
このようなPTなので、メンバーはそれぞれ別々に行動して狩りを行います。PT募集で「個別」と書かれていたら、ほとんどは個別狩りPTのことだと考えてください。


※経験値分配

個別狩りPTの「個別」というのは、個々が別々に行動しているからという意味もありますが、主に経験値分配の設定が「しない」という状態になっていることを意味します。
「しない」の設定になっていると、PTメンバーの経験値はPTに集約されず、それぞれ自分で狩った分だけの経験値が得られます。つまり、PTを組んでいないのと同じ配分方法です。個別狩りPTはボーナスを得るためだけに組むPTですから、このほうが都合がよいのです。
個別以外の設定にするとPTメンバーが得る経験値がいったんPTに集約され、設定に応じて各メンバーに配分されます。例えばレベル配分であればキャラレベルの比率で、均等配分であれば均等に、といった具合です。こういった設定は身内同士であれば便利ですが、他人同士で組む場合には問題があります。極端な話、狩りをせずにサボっていても経験値が入ってしまいますから、信用できる人同士でないと出来ない設定なのです。「しない」という設定は、この問題を解決するのに都合が良いわけです。

画像
経験値分配が「しない」


※PTタイプ

個別狩りPTでは経験値アップを狙うために、ボーナスが付くPTタイプになるようにメンバーを募ります。よく使われるPTタイプは、以下のとおりです。

・全員が女の子(S)
・全員が男の子(S)
・攻魔感魅が各1人以上(R)
・全員が攻魔感魅のいずれか同一(T)

PTメンバーが4人以上になった時にこれらの条件を満たすと、それぞれのPTタイプが適用されます。PT掲示板に募集が出ていれば、左端にあるマークを見るとタイプが分かるようになっています。例えば6人全員が女の子キャラだと、タイプは「Special」になって「S」と表示され、狩りで得られるベース経験値が通常の2.5倍、TM経験値が3倍になります。
単純に考えても狩りの効率が2.5倍になるわけなので、これを利用しない手はないでしょう。


※個別狩りPTでのチャット

条件の合う個別狩りPTに入ったら、まずはあいさつしましょう。あいさつと言っても、単に一言「よろしく」と言うだけでOKです。他のみなさんも、「よろ〜」などと返してくれます。
みなさん一生懸命に狩りをしているので、最低限のチャットしかない場合もありますし、知り合いの人同士はチャットしていることもあります。名指しで問い掛けられたり、狩りに余裕がある場合は、出来ればチャットに参加しましょう。狩りに余裕がない場合には、答えられないかもしれないことを最初に言っておけば、問い掛けに反応できなくても失礼には当たりません。
狩りが終わってPTを抜けたくなったら、「PTありがとうございました」と言ってPTを脱退しましょう。みなさん、「おつかれ〜」などと言って送り出してくれます。
要するに、常識的に対応していれば問題ないのです。

バグベアーの個別狩りPTのように多くの人が参加するPTでは、以前にご一緒したことのある人と再会することもあるでしょう。個別狩りPTを通してお友達になることも結構ありますので、あまりかしこまらずに参加するのがよいと思います。


※レベル制限

先ほどの経験値ボーナスについて、実はもうひとつ条件があります。PTメンバーの中で最もレベルが高い人と低い人との差が99を越えてはいけません。これを越えると「Fixed」という状態になって、経験値ボーナスが得られなくなってしまいます。これでは個別狩りPTの意味がなくなってしまいますので、条件に合わないキャラをPTに参加させないようにする必要があります。
もし自分が参加した途端にFixedになってしまった場合には、すみやかにPTから抜けましょう。


※メンバー募集

個別狩りPTを作るには、まずメンバーを集めなければいけません。前述したように、メンバーは少なくとも以下の条件を満たす必要があります。

・指定した狩り場で狩りが出来ること
・PTのタイプに合ったキャラであること
・レベルがPTメンバーの中で最小のキャラより99を越えないこと
・レベルがPTメンバーの中で最大のキャラより99を下回らないこと

これらの条件を満たすメンバーを集めるために、PT板に出来るだけ条件を書き込まなければなりません。また、言うまでもないとは言いつつも、いちおう「個別」という言葉も入れておく必要があります。
だいたい平均Lv150以下のPTだと、そもそもメンバー間でLv100以上も離れるというのは滅多にないので、レベルの表記は必要ないかもしれません。ただ高レベルになってくると、例えば廃課金の低レベルキャラと非課金の高レベルキャラが同じ狩り場を利用するということもありますので、レベルの上限と下限を指定する必要があります。実際、秘密タバF1は装備が良ければLv120程度でも狩れますが、Lv200以上のキャラでも適正狩り場です。

例えば「秘タバ1同性個別(120-229)」といった感じで、「狩り場・PTタイプ・レベル制限」を出来るだけ略記して書きましょう。レベル制限の部分は、最もレベルが高いメンバーのレベルから99を引いた値が下限、最もレベルが低いメンバーのレベルに99を足した値が上限です。
下限レベルぴったりのメンバーが入った後に最もレベルが高いキャラのレベルが上がったときのことを考えて、下限値は少し高めにした方がいいかもしれません。

画像
条件を表記して募集しよう


※リーダーの役割

PTを作ると、PTを作ったキャラが最初のリーダーとして選定されます。個別狩りPTでのリーダーの役割は、主に以下のとおりです。

・経験値配分を「個別」に設定する
・PT募集を出す
・新規メンバーを参加させる

経験値配分の設定は最初の一回だけなので、PTメンバー募集に関する作業だけですね。PTタイプをどうするかについては、メンバーと相談して決めればよいでしょう。募集するメンバーの種類が決まったら、PT募集を書き込んで、あとはメンバー申請を待ちながら、みんなと同じように狩りに精を出します。申請が来たら、キャラの条件を見て一致すれば申請を許可します。メンバーの定員は6人なので、6人になったら、誰かが抜けるまでは特に何も作業はありません。

リーダーがPTを抜けるときは、次のリーダーを決めなければなりません。特に決めずにリーダーがPTを抜けると、次の順番の人が自動的にリーダーに選定されます。早く入った人から順番に担当するという意味では、これでも問題ありません。ただ、たまたま次の人が離席中だとか、もうすぐPTを抜けようと思っていたということもあります。こうなると次の人がリーダーの役割を負えなくなるので、誰かやってくれる人がいないかメンバーに問い掛ける方が、間違いがないです。


※レベルアップ

必須というわけではないのですが、レベルを上げるために協力してPTを組んでいるという性質上、レベルが上がった人に「おめでとう」と言うことが習慣になっています。
誰のレベルが上がったかというのは、実際には分かりません。どうやって判断するのかというと、メンバーの数やレベルが変化したときに出てくる経験値配分の再計算のメッセージ「経験値分配:しない」を確認します。これが出てきたら誰かの状態が変わったということで、レベルが上がったと判断できるわけです。ただ、レベルの変化だけでなくメンバー落ちや復帰、誰かが加入したときや抜けたときにも出るので、これらに該当しないかどうか区別する必要はあります。
メンバーまで特定することは出来ないので、相手を指定せず「おめでとう」と言います。レベルが上がった人だけが「ありがとう」と返すので、その時点で誰だったのか分かります。

画像
画面中央上部に、これが出ます


メンバー全員のレベル一桁目を覚えておけば誰が上がったか分かるのですが、そこまでする必要はないです。実際やってみると結構しんどいし、言われる側もそこまでしてほしいとは思ってませんから。


※安全地帯と放置

前述した経験値倍率について、倍率が適用される条件のひとつに、「メンバーが同一のフィールドに存在する」というのがあります。PTメンバーが6人であっても、フィールドから1人いなくなれば、5人での倍率が適用されるということです。これは、モンスターに殴られて気絶した場合も同じです。
例えば狩り中にトイレへ行きたくなったとして、離席中にキャラをどこに置いておくかという問題があります。街などに移動すれば気絶する心配はありませんが、離席中は他のメンバーが充分なボーナスを受けられません。かといってフィールドに放置すれば、そのうち気絶して、結局は同じ状態になってしまいます。
フィールドによっては、モンスターが来ない安全地帯があり、ここなら食事や風呂など長時間の放置でも耐えられます。安全地帯がない場合は、数分間であればメンバーの許しを得て、倍率が落ちるのを承知で安全な場所に移動させてもらうしかありません。放置時間が長くなるのであれば、PTを一時的に抜けるのも仕方ないかと思います。
誰かメンバーに「付いていく」で常に動かしてもらうという手もありますが、障害物に引っ掛かって追尾しなくなったり、立ち止まった状態では付いてきたキャラのほうが殴られてしまうこともあります。付いてきているキャラのことをケアする必要があるので、親しい相手でなければ頼まないほうがよいかと思います。

また、仮に安全地帯があって長時間の放置が可能であっても、放置する旨をメンバーに伝えてから離席してください。単なる休憩なのか放置なのか分からないと、前述のリーダー選定のときに困るからです。


※鯖落ち

混雑した人気狩り場で長時間に渡って狩りをしていると、たまに接続が落ちてしまうことがあります。1分程度で復帰できればPTに戻れるのですが、数分後になると自動的にメンバーから外されてしまいます。こうなった場合、すぐに新しい人を入れるのも薄情じゃないかということで、落ちた人をしばらく待ってみることがあります。通常は5〜10分程度、「○○さん待ち」という募集を出して様子を見ます。
落ちたことで狩りのモチベーションがなくなったり、PC本体がダウンしてトリスタどころじゃないということもあるので、適当な時間で通常の募集に切り替えるのがよいでしょう。
落ちた人がPTに復帰してきたら、「おかえり」と言って迎えてあげてください。


、、、以上です。

個別狩りPTに参加することで経験値ボーナスが増えるだけでなく、同一フィールドで狩ることによるアイテムDrop量やモンスター湧き率上昇にも貢献できますので、自分だけでなく他のメンバーにもメリットが出てきます。
お友達を見つけるキッカケにもなりますので、自分の狩り場に合う個別狩りPTがあったら、あまり遠慮せずに個別狩りPTへ参加してみてくださいね〜(*´▽`)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フェスタゾーンに行こう
こんにちは。 非課金闇龍を追及する、そら君です。 ...続きを見る
マイオリーニの日記(仮)
2011/05/15 18:43
ソロプレイ考察
こんにちは。 非課金殴り狐を追及する、マイオリーニです。 ...続きを見る
マイオリーニの日記(仮)
2011/06/25 16:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
最近はレベルが同じでも強さがピンキリだからPTもいいのがないもんねぇ…
デビルの方にあった記事の件楽しみにしてるよ♪
ジョイ
2010/06/04 13:58
ジョイさんコメントありがd^^

最近はクエストが増えてきたのもあって、PT自体があんまり出てませんね。少し前にPT募集を見ていたら葉っぱ鳥PTが出ていて、ちょっと懐かしさを感じてしまいました。
(*´▽`)

先日は同じ時間帯にINできたのに、記事のことを聞くの忘れてました。。。
今度ご一緒したときにでも、デビルのブログの編集中記事か何かで原稿を出すので、見てみてくださいね〜。
ヽ(´▽`)
バルカローレ
2010/06/04 21:56
なぁにバルさんの記事なら俺の目通さなくてもフリーパスさw
どしどしアップしてください!
ジョイ
2010/06/06 18:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
狩りPTに参加しよう マイオリーニの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる