マイオリーニの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 他のMMORPGをやってみる

<<   作成日時 : 2010/03/13 22:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

こんにちは。
非課金殴り職を追及する、このブログの管理者&プレイヤーです。

トリックスターの中では持ちキャラが期待通りに育ち、レベル上げや装備強化ぐらいしかやることがなくなっている今日この頃。やはり、たまには飽きてしまうこともあります。そんな時には他のMMORPGもやってみようと思ってインストールしてみるのですが、結局しばらくしてトリックスターに戻ってきてしまいます。
先日は「アークサイン」というのを試してみたんですが、やはり同じでした。そこで、他のゲームをいくつかやってみて、気付いたことを書いてみることにしました。

画像
アークサインのマスコット、ユイ様


※「クエスト」って何だろう?

ロールプレイングゲームでキャラクターが経験値を得る方法として、「クエストを達成する」というのは昔から使われている方法です。僕はゲーム機を持っていないので最近のゲームについては分かりませんが、きっと今もそうなのだろうと思います。
アークサインもトリックスターもそうですが、クエストには主に以下の2種類があります。

 ・NPCが求めるアイテムを持ってくる
 ・NPCに指示されたモンスターを倒す

良くも悪くも最近は「Wiki」というものが存在し、ネットで調べれば各クエストの内容、必要アイテムと個数、モンスターのDrop品や位置などが分かるようになっています。以前のゲームでも攻略本が書店に並んでいたことを考えると、こういった情報源が必要な人もいて、実際に僕もWikiには大変お世話になっています。

画像
本当に、ありがたいです


このような情報源がゲームをつまらなくするという意見もありますが、見たくない人は見なければいいだけなので、僕としては全く問題ないと思っています。行き詰まったときだけ見るとか、何があっても絶対に見ないとか、自分でルールを決めればよいでしょう。
その一方、アークサインでは受けたクエストに対して必要アイテムをDropするモンスターとか、モンスターの居場所などがクエストの情報に入っていて、次に取るべき行動がすぐに分かるようになっています。トリックスターでも同じように少しは情報が書いてあるので、分かりやすくしてほしいというユーザの声が反映されたものなのかもしれません。

こういう仕組みを見ている時、いつも感じることがあります。そもそも、「クエスト」って何なんだろうか?
依頼してくるNPCがクエストの内容を饒舌に喋ることで、単にお使いを頼まれているような状態になり、謎解きの要素はなくなります。そう思って昔やってたオフラインのRPGを思い起こしてみると、謎を解いて先に進めるようになった時のワクワク感があったような気がするんですよね。トリックスターでも謎解き要素のあるクエストはほとんどなく、たまにBOSS試練で出てくるクイズ問題のようなものしか印象にありません。
いつの頃からか、こういう傾向になってしまったんでしょうか?

いつしかクエストが経験値稼ぎの道具になり、NPCのセリフを読まなくなったのは、こういう傾向の結果かもしれません。クエストを依頼してきたNPCに対して、いつも同じツッコミを入れたくなります。

 「そこまで分かってるなら、自分でやれよ」


※スムーズすぎる展開

キャラを作ってからしばらくは「チュートリアル」と呼ばれる導入部分があり、ゲームシステムを理解するためのクエストが続きます。アークサインではクエストの数と報酬が多めで、チュートリアル終了後も、経験値を稼ぐための狩りをしなくても自然にレベルが上がっていきます。NPC達に言われるとおりに行動していれば何となくストーリーが進んでいき、システムが用意したレールの上をなぞっているだけの自分に気付きます。
前述のクエストの内容についても言えることですが、最近の傾向なのか、どうもシステムがプレイヤーに優しすぎるような気がしています。ここでいう「優しい」とはクエストの難易度が易しいという意味ではなく、プレイヤーの進むべき道に対して手を差し延べすぎている、という意味です。プレイヤーの意見を採り入れすぎると、自然とこうなってしまうのかもしれません。

画像
やるかどうかは自分で決めること


そもそもシステム全体を個々のユーザの自由にできない分だけ、MMORPGがオフラインRPGよりもつまらなくなるのは仕方のないことです。その上さらに全体の展開をスムーズにしすぎると、ほとんど「お使いゲーム」と化してしまうのではないかと感じました。


※RMTについて

みなさんは、「RMT」という言葉をご存知でしょうか?
これは「リアルマネートレーディング(Real Money Trading)」の略で、ゲーム内の仮想貨幣やアイテムを現実の貨幣で取引する行為です。ゲーム内では何をするにも貨幣が必要ですが、キャラを長時間動かして地味に稼ぐのは面倒だということで、お金を払ってもいいから仮想貨幣や特別なアイテムが欲しいという需要があるわけです。実際、僕も過去の記事で色々とゲルダの稼ぎ方を書いていますが、どれも単調で面倒な作業であることは否定できません。
基本的にRMTは不正な行為とされていて、ゲームの運営組織も利用規約で明確に禁止していることが多いです。トリックスターもアークサインも同じく、RMT行為は禁止されています。

画像
普通にプレイしてる人には該当しないけど


トリックスターの中でRMT行為を意識したことはほとんどありませんが、実際にRMTの売買があるというのは聞いたことがあります。もしかしたら、実際の宣伝や交渉はネット上の掲示板など、別の場所で行われているのかもしれません。
一方、アークサインではINしてから放置しておくと、少し前まではチャット窓にRMTの宣伝が流れてくることがありました。トリックスターだとプレイヤー全員に告知する手段はPT掲示板ぐらいしかありませんが、アークサインでは場所に関係なく全てのプレイヤーにメッセージを飛ばすチャットがあるのです。本来は初心者が誰ともなく質問するとか、イベントやPT参加の呼びかけをすることなどを想定している機能だと思うのですが、RMT業者にとっては都合のよい宣伝手段になってしまっています。
宣伝を流しているのは捨てキャラなので、アカウントを削除しても効果がないのでしょう。もちろん何かしら対処しているのでしょうが、焼け石に水というか、キリがないのかもしれません。こういうのを見ると、やる気をなくすというか、幻滅してしまいます。

画像
いちおう、対策しているようです


こんなことでプレイヤーが離れていくのは、もったいないですよね。ゲームシステム自体は運営会社が完全に掌握しているわけですから、システム側でどうにかならないものかと思ってしまいます。

そうは言っても本当に悪いのはRMT業者なわけで、せっかくみんなが楽しくプレイしているところにリアルの経済を持ち込んでシラけさせるだけでなく、ゲームバランスをも崩してシステム全体を混乱させる迷惑な存在です。
決して、RMT行為には加担しないようにしましょう。


※BOTについて

みなさんは、「BOT」という言葉をご存知でしょうか?
これは、人間ではなくマクロなどのプログラムで自動的に操作されているキャラのことで、「ロボット」が略されたものです。プレイヤーがキャラを操作して遊ぶべきゲームを、自動化して何が面白いのかと思ってしまいますが、これは前述のRMTと関係があります。ゲーム内ではアイテムや仮想貨幣がモンスターなどから無限に湧いていますので、これらを狩り続ければ、時間は掛かりますが理論上は無限に稼ぐことが出来ます。この作業を人の手でやろうとするとコストに見合いませんが、もし自動化が出来れば、PCをたくさん並べてBOTを大量に仕掛けることで自然と仮想貨幣が貯まっていくわけです。

画像
う〜ん、見たことがないような、、、


BOTかどうか見て分かるのかと聞かれると、自信はありませんが、何となく分かります。
まず、BOTのキャラ名は乱数のように無意味な文字列になっている傾向があります。名前が他のキャラと重複せずに、大量発行できるようにしているのでしょう。また、BOTは呼び掛けに応答することはなく、黙々と同じ作業を繰り返します。
まだアークサインの中でも見たことはないのですが、狩りの操作方法を見る限りでは、自動化できてしまいそうな気がしています。

 ・モンスターは道端より遠くにいて、道には入って来ない
 ・ショートカットキーで、マウス操作なしでターゲットを捕捉できる
 ・遠隔攻撃でモンスターを殴ると、近くに寄ってくる
 ・スペースキーを押すと、マウス操作なしでDrop品を拾える

画像
周囲の赤い点がMob、道の中には入って来ない


それなりに強いキャラを道の上に立たせ、ターゲットを自動的に捕捉、遠隔攻撃で自分の足元に寄せて倒し、スペースキーでDrop品を拾う。それぞれに該当するショートカットキーを順番に押すだけですし、道の上に立っていれば囲まれてタコ殴りにされることもありません。囲まれても平気なほど強いキャラであれば、モンスターの湧き場所の中心に立たせてもよいでしょう。
トリックスターだとマウス操作が必須で、こういう単純操作には出来ないので、BOTが作りにくいのかもしれません。

単純に操作を自動化するという話だけなら問題ないのですが、BOTは周囲を気にせず横殴り上等で忠告も無視、狩り場を占有し続けますから、他のプレイヤーから見たら迷惑そのものです。しかもそれが、RMT業者がお金を稼ぐために自分たちが被害を被っているとなれば、余計に腹が立つというものです。ゲームバランスも崩れますので、BOTやRMTのないゲームを選びたいものですね。


※露店について

アークサインをやっていて、トリックスターにはない便利機能に気付きました。
まず1つが、露店用の売り子(?)を召喚して設置できるという機能です。

画像
なぜか、豚の姿をした売り子


トリックスターではキャラ自身が売り子になるので、別のアカウントを作らない限り行動が取れませんし、掲示板はおろかフレンド窓も操作することが出来ません。チャット以外の行動が封じられるのは、かなり不便ですね。他のゲームでは、サーバ側に露店を出して自分のPCを閉じられるというのも聞いたことがあるし、こういう機能は嬉しいです。
また、露店検索機能も便利でした。アイテム名の一部を入力するだけで、全チャネルに立っている露店を検索して、値段と露店の場所の一覧が表示されます。

画像
アイテム名で、全露店を検索できる


露店を廻る時というのは、主に

 ・ウインドウショッピングしたい
 ・必要なものを探す

のどちらかだと思いますが、後者の場合は露店を全て廻って探すのは大変だし、何より時間がもったいないです。露店を検索できれば時間のムダがなくなるので、かなりありがたいですね。また、相場を把握するのにも役立つので、初心者でも露店を出しやすくなるでしょう。
検索が出来れば露店の場所も関係なくなるので、PCが重すぎてメガロを通れないということもなくなるかもしれませんね。


※地面にモノを置ける

トリックスターと他のゲームの違いについて、僕が最も優れていると思った機能のひとつが、地面にモノを置けるという点です。しかもキャラ単位のように大きいグリッドではなく、ピクセル単位に近いほどの細かい座標で置けるところです。
これが出来ることで、トリックスターならではの「アイテムアート」が出来るようになっています。

画像
地味だけど貴重な機能


細かい座標で置けるということは、それだけ位置情報などのデータが増える、つまりシステムが重くなるということです。また、細かい座標で置けるということに直接のメリットはなさそうなので、せいぜいダウジングと同じ1/2キャラ単位の粗さでも良かったはずです。どういう意図があったのか分かりませんが、それでも現在の仕様を残したというところに、設計者の心意気を感じます。


※結局、居場所が大事

後出しジャンケン的に、後発のゲームの方が面白いんじゃないかと考える向きもありますが、実際はそんなに簡単な問題ではないようです。ユーザからのクレームを恐れて、却ってユーザの自由度を落として窮屈なシステムになってしまうこともあります。こういった傾向が続くとゲームの独自性がなくなり、どのゲームをやっても同じに見えてしまいます。その結果、複数のゲームをやっても単に覚えることが増えるだけになって、慣れているものだけで充分だと考えるようになります。

同じようなゲームが並んでいたときに、最後にどれを選ぶかという話になると、やはりプレイしていて楽しいものを選ぶでしょう。そうなったときの「楽しさ」というのは、ゲームそのものの楽しさもありますが、やはり最後には「楽しい時間を過ごせる居場所がある」ということではないでしょうか。
純粋にゲームそのものを楽しみたければ、おそらく市販のオフラインゲームをプレイした方が面白いと思います。それをせずにMMORPGを選んだということは、無意識のうちにMMORPGに対して他人と接する要素を期待しているということです。明確な最終目標がないのがMMORPGの特徴でもありますから、そのゲームに目新しさを感じなくなった時点でプレイを辞めてしまうでしょう。
どんなMMORPGでも、良くも悪くも多くのプレイヤー同士の繋がりによって支えられているということです。

画像
ただいま〜♪


みなさんはトリックスターの中に、楽しく過ごせる居場所をお持ちでしょうか?
いつでも帰れる居場所をお持ちでしょうか?

その居場所は、他のゲームには存在しない、何物にも代えられない大切な宝物です。

その、ゲルダでは買うことの出来ない居場所を大切にして、いつまでもトリックスターを続けてくださいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ソロプレイ考察
こんにちは。 非課金殴り狐を追及する、マイオリーニです。 ...続きを見る
マイオリーニの日記(仮)
2011/06/25 16:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トリスタを始めたきっかけが、羊含め、誰でも大剣を振るえるから、でした^^;
今やオフラインRPGでも、オンラインのごとく自由にクエスト(いわゆるおつかい)をやれる時代になりました。かつてのRPGというと、なにか巨大な悪に立ち向かうという、一直線の王道ストーリーが一般的で、良く言えば目的がはっきりしているし、悪く言えば、レベルさえ上げれば誰がやっても最後は同じ結末になるといったところでしょうか。しかしRPGは自身を成長させることや、アイテム集めによって人とは違った、自分だけの達成感が得られるのが大きな魅力だと思っています。残念ながら最近のRPGは、グラフィックだけキレイでバトルはおもしろくなかったり、キャラに声が付いたために感情移入できず、ただ見ているだけのような、いわゆる自分が「主人公」になれないものばかりになってしまいました;; 本当にさびしい限りです>< おっと、話がそれてしまいました。。。
アークサインは聞いたことなかったですが、このユイ様はかわいすぎる!><b

何を隠そう、写っているひつじは・・・
勇者のリューちゃん
2010/03/14 11:42
カイリューさんコメントありがd^^

後半のSS撮影、ご協力ありがとうございました。
やっぱりミカンの色合いがあまり良くないですが、全体的には奇麗なハートに仕上がったと思います。

ユイ様は数百年も生きている大神官で基本的に偉そうな態度、肌の露出が多い上にツンデレ系という設定です。絵も可愛いし、そっち系が好きな人にはウケが良さそうですが、そのうち慣れてしまいますよね。記事では良くないことばかり書いていますが、やり込み要素もあるし非課金でもプレイできるので、人気が続いてくれたらいいなと思います。
ゲーム性が高いほうが良ければ、タルタロスなどのMORPGを選ぶべきかもしれません。

でもやっぱり、もう僕はトリスタだけでいいや。
他のをプレイする気力はないの(^^;
愛くん
2010/03/15 20:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
他のMMORPGをやってみる マイオリーニの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる