マイオリーニの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ギルドマスターはつらいよ

<<   作成日時 : 2009/09/20 22:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

こんにちは。
非課金殴り狐を追求する、マイオリーニです。

僕が今のギルドを作ってから、早いもので2年が経ちました。「ギルド『私は非課金殴り職』について」で紹介したように、何となく一人用に作ったギルドが何となく続いているといった状況で、ここまでやってきました。
そういうギルドなので、僕はあんまりマスターらしいことをやっていません。そんな中で、これからギルドを作ってみようかと考えている人のために、僕の今までの経験などから思ったことを書いてみたいと思います。ギルドマスターになりたい人の参考になれば幸いです。

画像


※どんなギルドにしよう?

本来の「ギルド」とは排他的な集団を指す言葉ですが、ネットゲーム内のギルドは「サークル」に近いもので、似た境遇の人達やお友達同士で作ることが多いです。わりと軽いノリで作ってよいモノだと思います。
一般的には、以下のいずれかの目的で作ることが多いでしょう。

・いろいろな人と知り合いたい
・キャラ名の上に称号を付けたい

僕は後者の目的でしたが、ほとんどの人は前者でしょうね。キャラがINすれば自動的にチャットで繋がりますから、疎遠な友達よりもギルメンのほうが身近に感じられます。
ギルドのスタイルは自分も含めた所属メンバーで決まりますが、どんな人を入れるかというのはマスター次第なので、ある程度は自分の理想に近づけられると思います。


※ギルド名

文字数は決まっているみたいですが、記号も使えますし、基本的にはマスターの自由です。やったことはありませんが、あとで名前を変えることも出来るようです。
長く付き合うことになる名前ですから、まずは自分が気に入って、他の人も良い印象を持ってくれる名前がいいでしょうね。
メンバーの条件を限定したいのであれば、僕のようにストレートな名前にするのもアリです。


※メンバー募集

メンバーを固定しない、メンバーを増やしたいのであれば、勧誘によってメンバーを募ります。
勧誘の方法は、主に以下のとおりです。

・ギルド勧誘板に書いておく
・テントの看板を使う
・PT板に募集を出す
・青看板を出したキャラを置いておく
・ギルドに入っていないキャラに声を掛ける
・知り合いのサブキャラを入れてもらう
・ブログなど、別のメディアを使う

それぞれ効果がありますが、まだシステムに明るくない初心者はギルドオフィスやPT板をチェックしていない可能性が高いので、コーラルやパラダイスで看板を出したほうが効果的かもしれません。
いきなり声を掛けるのも効果的ですが、そもそもギルドに入りたくないという人もいますから、不快感を与えてしまうこともあるので注意が必要です。

なお、他人をギルドに入れた時点で、そのギルドは自分だけのギルドではなくなります。ギルドに入ってくれた人たちが楽しくトリスタをプレイできるように、楽しいギルドになるように心掛けましょう。

画像
募集したことないや(^^;


※マスターのIN率

ギルドの盛衰に関わる要因のひとつとして、マスターのIN率があります。マスターがINしなくなったギルドは、代わりになるような人がいないかぎり、メンバーのIN率も落ちる傾向があります。INしているメンバーがいないと面白くありませんので、自然と廃れていくわけです。
僕は持ちキャラが3人いますが、基本的にはマイオリーニでINするようにしています。人数が多くなれば、誰かしらINしている時間も増えていきますので、軌道に乗るまでは出来るだけIN率を高めにしたほうがよいかと思います。


※メンバーの称号

マスターをはじめ、全てのメンバーには称号を付けられます。一般的には、付けたい称号を本人に聞いて、非常識なものでなければそのまま付けます。何か害があるようなものでもないので、各メンバーの自由ということでよいと思います。
ちなみに、マスターだけに許される特権として、「称号で遊ぶ」というのがあります。わざとメンバーに変な称号を付けて、リアクションを楽しむというものです。ただし、インパクトが大きすぎたり、本人にとって辛辣なフレーズだったりすると、相手を傷つけてしまう可能性もあります。笑いのセンスが試されるところですので、自分の資質を遺憾なく発揮してください。


※ギルドイベント

特に必須というわけではありませんが、余裕があればギルド内でのイベントを開催するとよいでしょう。イベントといっても大げさなことではなく、みんなで楽しめることであれば何でも構いません。
例えば、以下のような感じです。

・定期的な集会
・○×クイズ
・かくれんぼ
・カードバトル
・ギルドバトル
・誰かを全力で手伝う会

不定期でも何らかのイベントがあれば、INする動機になると思います。
主催者だからといって、しっかり仕切らなきゃとか盛り上げなきゃとか、あまり気に病む必要はありません。イベントに参加する人は楽しい時間を過ごすために来ていますから、きっかけがあれば自然と盛り上がるでしょう。イベントから脱線して別の方向に行ってしまっても、それはそれで楽しければよいのです。


※マナーについて

多くのギルドマスターが頭を悩ませることのひとつに、メンバーのマナーの問題があります。大抵の人は問題ないのですが、口が悪い人やルールを守らない人、空気の読めない人が一部いるのは事実です。加入時に面接などをやってみても、そういう人かどうかを判断するのは難しく、入れてしまってから問題が起きることが多いです。

「ネット弁慶」あるいは「匿名弁慶」という言葉をご存知でしょうか?
身内に対してだけ態度が大きくなる意味の言葉「内弁慶」のもじりで、匿名性のあるネット世界に来ると急に態度が大きくなる人のことを指します。
見た目はかわいいキャラでも、裏側には生身の人間がいますから、現実世界と同様に人間関係が存在します。その中には匿名弁慶な人もいて、ギルチャを掻き回すかもしれません。あまり堅苦しいのもよくないですが、他のギルメンの悪口など悪意のある発言が多い人に対しては、毅然とした態度で注意する必要があるでしょう。何度注意してもダメな場合は、最後の手段として強制脱退(後述します)させることもやむを得ないと思います。
少数ではありますが小学生などお子さんのプレイヤーもINしていることがありますし、単にギルドに入ったことがなくて振る舞い方が分からないだけという人もいますので、気に入らないからといっていきなり脱退させるのは尚早です。注意すれば分かってくれることもありますので、まずは一度、話し合うというプロセスを作りましょう。


※強制脱退

メンバーがギルドから脱退する方法として、自主的に脱退する他に、強制脱退というのがあります。自主的に脱退すると、一週間は他のギルドに入れないという縛りがあるのですが、強制脱退の場合はこの制限がありません。
言葉の響きがよくないですが、強制脱退させたほうがメンバーにとっては親切です。ギルドを抜けたいというメンバーがいたら、強制脱退してあげるようにしましょう。抜けたい人や抜けさせなければいけない人がいるのは残念なことですが、自分のギルドを選んでくれたことに感謝して、すぐ別のギルドに加入できるようにしてあげるのが、マスターが出来る最後の優しさです。
また、ギルドバトルなどで傭兵をやっている人は、頻繁にギルドを出たり入ったりします。あまりに頻度が多いとマスターの手間になってしまいますが、無理のない範囲で対応してあげましょう。


※ギルドマスターはつらいよ?

ここまで色々と書いてきましたが、ギルドに対してどのような感想を持たれましたでしょうか。
「マスター」という言葉を聞くと、何となく敷居が高そうな感じですが、特別な存在というわけではありません。特殊な能力も不要ですし、何かを人一倍やらなきゃいけないということでもありません。宴会の幹事をやるくらいの気持ちで、少しだけ仕切ってみればよいのです。
それでもやっぱり良く分からないという人は、まずはお友達のサブキャラと身内だけの「仲良しギルド」を作ってみてください。そこから少しずつ広げていけば、いつのまにか自然とギルドマスターになっていけることでしょう。

色々な人が出会う場所を作ることで、今まで縁がなかった人たちが出会えるのは素敵なことです。もちろん、なかには気が合わない人もいるかもしれないけれど、ずっと一緒に過ごせる人が見つかるかもしれません。ギルドとは、そうした出会いを見つけるための道具であり、自分だけでなく他の誰かとの出会いを演出することが出来る方法のひとつなのです。

最近マンネリ気味で何もやることがない、お友達を増やしたいが何をしたらいいか分からないという人は、ぜひギルドを立ち上げてみてください。今までに経験しなかった、新しい世界が広がっていくと思いますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギルドに参加しよう
こんにちは。 非課金殴り狐を追及する、マイオリーニです。 ...続きを見る
マイオリーニの日記(仮)
2010/08/22 13:41
ネット検索で飛んできた人へ、その4
こんにちは。 非課金殴り職を追及する、このブログの管理者&プレイヤーです。 ...続きを見る
マイオリーニの日記(仮)
2011/07/24 12:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そういえばマスターでした^^; いそがしくてインできなくて本当にふがいないです;; いまの状況を作ってしまったのもこの私の責任かもしれませんね・・・
自分がマスターなんて、本当に名ばかりと思い知らされます><
そういえばギルドマスターのリューちゃん
2009/10/18 14:03
カイリューさんコメントありがd^^

ウチのギルドなんて非課金殴り職限定ですから、メンバー少ないし誰もINしないし、かなり孤独です(;;
しかも先日のパスワード騒ぎで、事実上ほぼ全員が死んでしまったと思われます。でも、パスワード消失で2か月前から死んでいた副マスターが昨日に復帰してくれまして、ちょっと救われました。
(*´▽`)パァァ

活発に勧誘を繰り返しているギルドは別にして、多くのギルドでは全メンバーの2割程度が定常的にINしていればいい方、という気がしています。ノリで作ったサブキャラだと飽きたらINしなくなるでしょうし、ネトゲが乱立している現在ではトリスタ自体にINしなくなることもあるでしょうから、こればかりはマスターの努力ではどうしようもないですなぁ。
愛くん
2009/10/20 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
ギルドマスターはつらいよ マイオリーニの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる