マイオリーニの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 回顧する殴り攻、愛くん

<<   作成日時 : 2009/04/17 02:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

こんにちは。
非課金殴り攻を追求する、愛くんです。

先日にイベント消化のためメガロとセレモニア間を往復していた時に、ふと誰もいないメガステに目を向けました。
思い起こせば、この子は「殴り攻ってどんなもんだろ?」という疑問から作ったキャラで、当初はあんまり思い入れがなかったんですよね。なので、レベル上げる努力ばっかりで、プレイヤー主催のイベントとか全く参加してませんでした。
もともと人見知りな僕ではありますが、持ちキャラ3人の中で、もっとも外部との接触が少ないキャラだったなぁ。。。

画像


いつもなら、ステージ上でどうやって笑いを取ろうか考えてしまうところですが、今日は少しノスタルジックな気持ちになってしまいました。


愛くんは出来るだけ早く成長させたかったので、クエストに必要なものはマイオリーニで集めてあげて、ほとんど苦労もせずにレベルがどんどん上がって行きました。しかもマイオリーニとバルカローレのおさがり装備があったので、中盤以降は装備にも苦労していません。3人とも殴りだから、ほとんど装備は一緒だったんです。

画像


ラブ化後はクエストが充実してきて、あまりPT狩りに明け暮れなくてもレベル上がって行きましたから、狩り場に滞在することも少なかったかもしれません。
物理攻撃スキルを使う必要もなく、おさがりの本気装備を使って、文字通り属性殴りだけで二次転職までを順調にクリアしました。

画像


育ててみて分かったのは、やっぱり攻撃型のキャラでもスキル攻撃できないのはツラいということでした。違いといえばブレイブハートやアドレナリンでベースの与ダメを高く出来るところですが、殴りモーションの遅さが微妙に足を引っ張っています。殴り魔や殴り感が苦手なことは、やはり殴り攻でも苦手という結論でした。

一応これで、愛くんを作って確認したかったことは終わったわけですが。
でもね、、、

画像
本当に、これでいいのかな。。。?


周囲の人からサブを育てている話が聞こえてくると、いつも思うことがあるんです。
こういうキャラの作り方って、よかったのかな。。。?

お友達は、たった3人。しかも、マイオリーニの友達のサブとか。。。
マイオリーニとバルカローレはそれぞれ別々のお友達がいるのに、愛くんには自分だけのお友達がいないのです。

画像
ボクのお友達。。。


よく狩り場などでサブを安全地帯に置いて、パーティで経験値を吸わせてレベル上げている風景を見ますが、あまり心地よく思いませんでした。もちろん愛くんは全て自分でキャラを動かして成長させましたが、周囲との接点が少ないという点に限れば、あまり変わらないんじゃないかと思うようになったんです。

画像


このままじゃ、普通のオフラインゲームと変わらないような気がして。。。
今まで愛くんが過ごした時間は、どこに行ってしまうんだろう?

システムの中では単なるアカウント1つの中の1キャラに過ぎませんが、どんなキャラであっても、その裏には生身の人間がいます。
狩りPTで一緒になった方々、加入しているギルドの方々、ともに愛くんの姿を借りて時間を共有してきました。

画像


共有された世界で生まれる楽しさとは、何だろう?
強くなることで広がる世界もありますが、知らない誰かと繋がっていくことで広がる世界もたくさんあるでしょう。

画像


あの人を助けたい、あの人より強くなりたいという気持ちが、自分の成長に繋がるかもしれません。どんなにつらいことがあっても、誰かと一緒なら乗り越えられるかもしれません。
独りでは決して生まれない楽しさが、誰かと出会うことによって生まれ、他愛もない会話の積み重ねが大切な時間へと変化していきます。

画像


今更ながら、愛くんがここまで成長できたのは自分だけの力ではなく、これまでに愛くんが関わってきた多くの方々に支えられてきたおかげだということに気付いたんです。キャラを消すのは簡単なことですが、今まで愛くんが過ごした時間を無駄にしたくありません。

画像


素敵な出会いとは何なのか、素敵な出会いはどこにあるのか、それは誰にも分かりません。
でも、この先に待っている出会いの一つ一つを大切にすることで、いつか愛くんだけの素敵な出会いが見つかると信じることにしました。

愛くん、一時は消そうとしてしまったけれど。。。
これからは素敵な出会いを探して、新しいお友達をたくさん作ろうねっ!

画像


せっかくみんなと繋がっているのに、ただ独りで強くなるだけじゃつまらないよ。
なんにもしないでギルメンやお友達との会話だけで時が過ぎても、それは君にとって特別で、そして大切な時間。
強さも確かに必要だけど、もっと大事なものがあるんだ。

すれ違うだけの多くの人々の中で、唯一無二の君と出会う奇跡。それ自体が、きっと素敵な出会いなのだろう。
そんなことを考えながら、新しい出会いを求めて旅立つ愛くんであった。。。

画像
モンクエより価値のある時間だったはずだよ


以上、愛くんの気まぐれ回顧録でした。
またね〜(=゚ω゚)ノ


おまけ
画像
獅子さん、お尻が出てるみたい(*ノωノ)イヤン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
愛という名の誇りについて
マイオリーニとバルカローレを育てているなかで、攻撃スキルを使わないからキツいのか、攻撃職じゃないからキツいのかという疑問を何となく持っていました。3キャラのうち残りの1キャラをどうしようか迷っていたときに、それを確認するために殴り攻を育ててみようと思って作ったのがこのキャラです。 ちなみに、同名のJPOP曲があるみたいですが特に関係はありません。 ...続きを見る
マイオリーニの日記(仮)
2009/04/22 01:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うーん、なんか気づいたら今に至ったという感じですね、わたしはw
ただ単にギルドと称号が欲しかったので、最悪一人でもいいか〜と最初は思ってました^^;
ところがある日、狩りが目的ではなく、ロイヤルPTを作ろうというPTに呼ばれまして、なんとなく参加したことがありました。いやあ、あの時代は本当によかった^^ 現在そういった、いい意味で他人を巻き込むPTはほとんどないと言ってもいいでしょうね;; そのロイヤルPTで出会った方々とは、本当にトリスタを共に楽しみました。その中の数人はセントラルに来てくださいましたし、今も親交のある方もいます^^ トリスタはやっぱりまったりがいいなあ・・・w

最後に、オンラインゲームの性質上、相手が本当はどんな人間かは分かりませんが、わたしは少なくとも一緒にゲームしているときは、友達以上の「仲間」だと思っています^^ もちろんマイオリーニ師匠もさ^^b
写真使っていただいてありがとうございます^^
リューちゃんの回顧は・・・
2009/04/22 22:41
カイリューさんコメントありがd^^

この物語は愛くんが相当に美化されていますが、実際こんな感じでした。
消さないと決めてからは、わりと愛くんの姿でウロウロすることも多いです。

トリスタでのPTは狩り効率を上げるためだけのもので、攻魔感魅が協力して困難を乗り越えるタイプではありませんよね。本来は遠隔であるはずの魔や感の射程の短さを考えると、基本的にはソロで肉弾戦というのが前提なのでしょう。
PT単位でストーリー性のあるシナリオをシェアできるようなタイプのクエストが出てくれば、素敵な出会いの機会も増えるかもしれません(*´v`*)
愛くん
2009/04/23 22:57
こんばんは^^

人と人との出会いって不思議ですよね。
どんな出会いにも、多くの偶然と多くの必然が関わっていると思います。

今まで逢った人、これから逢うであろう人、全ての方との出逢いに感謝しつつ、楽しいTSライフを送ろうと思います。

素敵な記事をありがとうございます^^
緋那菜
2009/04/25 02:04
緋那菜さんコメントありがd^^

以前に二人で並んで撮影したSS、とりすたさーちと本家ファンサイトリンクのバナーに使われていました。ご協力ありがd(^^b

僕は自分から交遊を広げていくのが得意ではないので、仲良くなれた人との関係は大事にしたいと思っています。
もちろん、緋那菜さんとの繋がりも(^v^*

マイオリーニ
2009/04/26 16:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
回顧する殴り攻、愛くん マイオリーニの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる