マイオリーニの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS それが君のスタイル

<<   作成日時 : 2009/01/19 01:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

こんにちは。
今回は、プレイスタイルについて思うところを記事にしてみようと思います。

※プレイスタイルって何?

僕は記事やチャットの中で、「プレイスタイル」という言葉をよく使います。特に深い意味があるわけではなくて、プレイするにあたって決めていることや、育て方のポリシーなどを指す言葉として使っています。
皆さんも、特に深くは考えていなくても、何となく「こうしたい、こうなりたい」というイメージはお持ちだと思います。


※僕のプレイスタイル

あらためて思い返してみると、初めてトリスタにINした頃には以下のようなことを考えていました。

 ・何があっても課金しない
 ・他人とは少し違ったキャラを作る
 ・基本まったりプレイ

何も分からない状態で何となく決めたことなので、とてもシンプルです。基本無料のゲームにお金を使いたくないことと、無理のない範囲で何か変わったことをしたいという気分でした。
長くプレイしていくにつれて、出来ることや出来ないことが分かってきて、今はこんな感じです。

 ・何があっても課金しない
 ・無料で貰えるMSアイテムは使う
 ・殴り感と殴り魔を、一から立派に育てる
 ・殴り以外で有効な攻撃があれば、それも使う
 ・復活なし、ソロでBOSSをコンプリートする
 ・対人プレイはしない

お金を払わないという方針は変わっていませんが、キャンペーンや紫箱で貰えるMSアイテムは使うことにしています。課金石による成長合成品や、何度もパウダーや秘薬で作り直したと想像される装備についても、ゲルダで買ったものであれば気にせず利用することにしています。
また、プレイ時間を考えると数多くのキャラを育てられないことと、殴り一辺倒では対処できないことがあると分かってきて、器用なキャラにするために殴り以外の攻撃方法も使うことにしています。マイオリーニは銃を、バルカローレは魔法を、愛くんは物理スキルを使えるようにして、3人だけで何でも対処できるようにしたいです。
ちなみに、立派に育ったかどうかというのは自分では分からないので、あくまで努力目標です。「一から」というのは、グラフバックのようにキャラ自身の性質を変えられるようなアイテムは使用せず、最初から殴りステで育てるという意味です。

BOSSコンプリートは残っていたソキ・オデ様・スパドラをマイオリーニで、カランはバルカローレで達成しましたので、これは昨年末に終わりました。また別の機会に、討伐記を記事にしようと思っています。

ルールやマナーを守ること、他人に迷惑をかけないこと、他人を中傷しないことなどは、当然のことなので挙げていません。

画像
BOSS討伐は、一番分かりやすい目標



※育て方は自由

トリスタのキャラには種族&職業&スキル、ステ振り、ボーナス振り、それぞれ選択の自由があります。見た目が気に入って種族や職業を選ぶ人もいるし、作りたいキャラのイメージがあって迷いなく選択していく人もいるでしょう。極端な話では、単にキャラをアバターのように考えて、キャラの性質は気にしないという人もいるかもしれません。つまり、必ずしもキャラを強くすることだけが目標とは限らない、ということです。
どんなキャラを作るかというのはプレイヤーの自由であり、他人が干渉することでもなければ、批判することでもありません。

これに関係する問題で、育て方について初心者の人にどこまで教えていいかというのがあります。知識ゼロの状態で何かを教えられると、それ以外の情報がないので選択肢が狭くなります。危険のないキャラで育てたいと考えている人には色々と指示してあげる方がよさそうですが、分からないなりにも育て方に対して何かイメージを持っている人にとっては、余計な情報になってしまうかもしれません。色々と試行錯誤して、失敗を経験するのもゲームの楽しさのひとつですから、本人に任せるのが一番だと思います。ちょっと無責任に聞こえるかもしれませんが、プレイしていくうちにゲーム内の様子も分かってきて、自分なりのプレイスタイルが確立されていくでしょう。

画像
いろいろと悩むのも、また楽しい


殴り職の方々のお手伝いをしていると、ステ振りや装備など育て方について聞かれることがあります。僕のようにメインキャラから殴り職にしようという人は滅多にいなくて、サブで試しに作ってみようという人が多いので、普通ではない育て方のイメージが湧かないということだと思います。この場合は、ある程度メインキャラを育ててゲームのシステムについてはご存知なので、僕が知っていることは教えることにしています。その内容が自分にとって必要かどうか判断できるだけの経験をお持ちなので、使うかどうかは本人にお任せします、というわけです。
例えば攻撃職主体でキャラを育てていた人に、殴り感の序盤は幸運を上げてくださいと言うと、不思議な顔をされることがあります。攻撃型のキャラなら、攻撃力+命中を主体にするのではないのか、というわけです。でも、その後に続けて

 ・魅力ステが低いので、死ににくくする工夫が必要
 ・幸運を上げると弱クリ率&ブロック率が上がる
 ・早い段階から幸運を高く出来るのが殴り感の利点
 ・序盤では、物理スキルを使う相手は少ない
 ・攻撃力不足は、製錬ではなく属性で補う

という話までセットで説明すると、納得してもらえます。実際、ラッキースキルで最初から幸運を高く出来るのが殴り感のメリットなのですが、攻撃力と命中と敏捷を上げて瞬殺するという考え方も間違いではありません。どちらがいいかというのはプレイヤーの資金や所有物に依存しますから、僕から出来ることは、相手が持っていなかった知識を提供するところまでなのです。キャラの育て方も含めて、他人からプレイスタイルを押しつけられることはゲームの楽しさを奪うことになりますので、育て方についてプレイヤーが納得している必要があります。手取り足とり教えることが、必ずしも親切であるとは言えないのです。

何か自分の中で育て方のイメージを持っている人には、僕が説明した内容を鵜呑みにせず、自分なりのプレイスタイルを確立させてほしいと思っています。そのため、自分の知っている経験や知識について話した後、必ず次のように言うことにしています。

「自分が育てたいと思う育て方が、自分にとって一番良い育て方です」


※達成すべき目標がないRPG

大抵のRPGには最終的な目標があって、それを完遂するとゲームが終わります。諸悪の根源を倒すこと、さらわれた姫を助けること、ダンジョンを脱出すること、伝説の財宝を見つけ出すこと。それぞれ分かりやすい目標があり、ゲーム自体もその目標に向かってストーリーが進むように作られています。ストーリーが進んでいくにつれて、今まで固く閉ざされていた扉が開いたり、故郷の街が襲撃されて荒廃するなど、プレイヤーを中心にしてドラマチック&ダイナミックに周囲が変化していきます。
一方、トリスタのようなMMORPGには最終的な目標がありません。また、ゲーム内のほとんどのリソースは全プレイヤーで共有していて、1人のプレイヤーの都合で変化させることが出来ません。ほとんどのシナリオはNPCのセリフとフラグだけで進み、会話の中だけで完結します。テーマパークのアトラクションのように、決められたコースをひたすら進んで、最後にご褒美をもらうようなイメージでしょうか。古参者と初心者の間に不平等があってもいけませんから、レベルによる制限など色々な縛りも設けられています。
全プレイヤーに対してリソースは平等に提供されなければいけませんから、このような縛りはシステム的に止むを得ないと思います。

画像
こんなことが出来ないシステム


このような環境がシステムとして提供されているものの、出来るものは全部やろうという人もいれば、日がな一日チャットだけで何もしない人もいると思います。
目標がないということは、自分で勝手に決めていいということですから、チャット重視でお友達を増やすという目標があっても全く問題ありません。
「なんにもしないをしよう」という言葉もありますし、チャットや人間観察に耽るのもプレイスタイルのひとつです。


※俺様TSUEEE

「俺様TSUEEE」(俺様強ェ〜)、というフレーズをご存知でしょうか?
僕も最近になって知ったのですが、自分のキャラの強さを誇示するプレイヤーのことをいうのだそうです。ひたすら強さを求めることから、いわゆるネトゲ廃人であり、廃課金な傾向があるみたいです。

現実世界で「成長」というと色々な解釈が出来ますが、トリスタの世界でいう成長とは、キャラのレベルや装備の性能が上がったりすることを指します。つまり、強くなるということです。前述したとおりネットゲームの世界はシナリオ性が低いですから、あとはキャラを成長させることを考えるのが自然な流れです。ゲーム全体の雰囲気も、強くなることで行ける場所が増えたり、より強いアイテムを扱える方向に流れていきます。強くなることは、誰にとっても一番分かりやすい目標になるのではないかと思います。

僕としては、強さをアピールすることは悪いことではないと思っています。ただ、現実世界で金持ちが自慢すると嫌われるのと同じ理由で、大抵の人は良い感想を持たないのではないでしょうか。「お金=幸せ」ではないのと同じく「強さ=楽しさ」ではないので、強くなることに特化するというプレイスタイルに賛同できない人にとっては、単なる自慢話にしか聞こえないわけです。

強さを示すなら、ピンチの時にギリギリのタイミングで助けに来るような、ベタな展開でも誰かの役に立つような形で示したいものです。

画像
イエス、フォーリンラブ



※それが、君のスタイル

方向感のない文章になってしまいましたが、一番言いたかったことは、「他人のプレイスタイルに干渉しない」ということです。失敗が許されるのが仮想世界の良いところですから、何度も失敗することによって色々なことが分かってくる楽しさもあります。他人に迷惑を掛けない限り、どんなふうにゲームを楽しむかというのはプレイヤーの自由です。
他人を批判するのは簡単ですが、トリスタに求めているものは皆それぞれ違いますから、自分の価値観と違っていて当然です。誰かを批判する看板を出したり、晒し板のようなものもあるらしいですが、あまり気持ちの良いものではありません。たかがゲームとは言っても、キャラの裏側には生身の人間がいますから、お互いに理解し合おうという気持ちが必要だと思っています。

プレイスタイルに、正解というものはありません。自分で決めたプレイスタイル、それが、あなたにとっての正しいプレイスタイルです。
他人に迷惑をかけない範囲で自分のプレイスタイルを確立して、誰からも認められるようなプレイヤーになりたいものですね。


オチのない長文にお付き合いいただき、ありがとうございました(^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
辻リカについて思い悩む殴り羊、バルカローレ
こんにちは。 非課金殴り羊を追求する、バルカローレです。 ...続きを見る
マイオリーニの日記(仮)
2009/05/31 22:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
マイオさんこんちは( ・ω・)ノ

・キャラの育成
1stで殴り龍を作ったやつがここに約一名
私でした
ポプリダンジョンがムリゲーだったのはよく覚えていますが(-ω-;;)ぽんぽんとか
でも1st殴り龍はまだ2次してなかったり

最初のころ苦労した記憶はあまりありません(ポプリダンジョンは完全スルーしたので・・・
でも最近は苦労しまくっていますが(-ω-;;)Lv上げとか
Mk-Two
2009/01/19 08:35
MK2さんコメントありがd^^

龍は殴りモーションが遅めで打撃数を稼ぎにくいので、殴りに特化するなら課金しないと難しいかもしれませんネ。
でも、二次特化して魔法と併用したら、光・闇どちらでも面白いキャラが出来そう
マイオリーニ
2009/01/20 01:56
こんにちは^^ノ
私も殴り感を育ててがんばってます
私はペットなどは露店で安ければ買いますが
基本的に武器にしても防具にしてもDropだけ
でまかなってます(スキルも使いません^^;)
まわりからみればへっぽこに見えるかも
しれませんがこちらのブログを参考にして
まったりと育てていこうと思ってマス
のいん
2009/07/25 23:16
のいんさんコメントありがd^^

Drop装備だけで固めるのは、普通の育て方でもキツそうです(><
でも、ひたすら強さを目指して数値の高い装備を求めるよりも、のいんさんのような育て方のほうが自然なんじゃないかと思うことがあります。他人から良装備を買うだけでは、自分で作った装備の出来に一喜一憂する、という楽しさがなくなってしまいますよね。
長くプレイしていると、いつの間にか、他人と自分の強さを比べるようになってしまいます。

僕はリアルマネーを払わないことが非課金であると定義し、万能キャラにするためにスキル攻撃も使っていますが、のいんさんの育て方こそが究極の「非課金殴り」と言えるかもしれませんネ(`・ω・´)
マイオリーニ
2009/07/27 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
それが君のスタイル マイオリーニの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる