マイオリーニの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS クーポンと1:1取引について

<<   作成日時 : 2009/01/08 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

今日は、取引の額面が多い時に利用するゲルダクーポンと、その取引について書いてみたいと思います。


※クーポンが出来た背景

トリスタを一年半以上プレイしている人はご存じだと思いますが、ある時期から急激なインフレが発生して、露店に出せない額面の取引が多くなるほどの貨幣価値になってしまいました。インフレの原因は○○○○という人が○○○○○○などを使って大量のゲルダを生成し、○○を買い漁ったことが発端だと言われていますが、定かではありません。これはどちらかというとシステムの問題なので、このこと自体は特に誰が悪いということではありません。
このインフレをモロに反映していたのが「祝・一周年」スキルで、インフレ前は100M程度だったのが数か月で200M→360M→1Gと高騰し、昨年のライカンイベントで同スキルが配布される直前には最大4Gの値が付いていました。
もちろん「祝・一周年」というぐらいですから、まさか「ラブ化一周年」という名目で再び配布されるとは誰も思っていなかったので、プレミアという意味での上昇もあったと思いますけどね。それだけでは説明できない価格上昇が、実際にあったわけです。

昨年末の露店価格上限値修正が入るまでは、良装備など値段の高いものが露店に出せなかったので、露店を廻る習慣がなくなった人は多いかもしれません。実は僕もその一人で、クエストアイテムなど必要なものは自分で集める主義ですし、見た目装備への興味も薄いので、露店には欲しいものがありませんでした。なので、しばらく露店を見ない期間があって、自分が扱ったことがある商材以外の相場に疎かったりします。

そんな背景の中で、100Mを越える取引を円滑に行うためにメガロ銀行でアンドリューが立ち、5Mクーポンが扱えるようになりました。それまでは1:1取引で99,999,999ゲルダを何回も渡す、という方法しかなかったので、

 ・単純に、お互いに面倒くさい作業
 ・取引が終わるまでに、相手に逃げられる可能性がある
 ・商材を最初に渡すのか、最後に渡すのか微妙な空気が流れる

といった問題がありました。面倒くさいのは我慢することも出来ますが、信用問題に関しては相手を判断する材料がないのでどうしようもありません。5Mクーポンが出来たことで取引が1回で済むようになったので、前述の問題が一気に解消しました。

画像
実際に使うのは500万クーポンがほとんど


昨年末のアップデートで露店の上限額が2Gまで上がったことで、かなりの良装備でも露店で扱えるようになりました。これにより、今では全体的に1:1取引やクーポンの需要は減ったと思います。ただ、所持金の上限は相変わらず2Gですから、やはり高額取引の場合はクーポンを使うことになるでしょう。G単位の取引をする予定がなければ、特に必要はないかもしれません。


※クーポンを用意する

いいことばかりの5Mクーポンですが、購入するには5%の手数料が必要なことに注意してください。5Mクーポン1枚あたり250kゲルダが必要です。数枚なら大したことないですが、1Gなら50Mなので、けっこうな負担です。この手数料はクーポンを渡す側、つまりモノを買う側が負担しますので、実際の額面に5%を加えた額を用意する必要があります。
この手数料が安いか高いかというのは、信用問題が自分にとって重要かどうかで決まります。基本的に世の中は性善説で回っていて、ほとんどの人は「いいひと」なのですが、ほんの一部の悪い人たちによって犯罪が引き起こされます。相手が信用できないと思えば、5%の負担は高くないでしょう。取引相手のレベルが低くて簡単にキャラ削除できるような相手とか、少しでも不安要素が見られる相手なら、そもそも取引をしない方がいいかもしれません。この点については賛否両論あると思いますが、僕としては相手を信用するかどうかというのは自分自身の問題なので、安心したいなら手数料の負担は仕方ないと思っています。何度も高額取引を経験している人はその辺の事情を分かっていますから、例えば2Gから約5%をオマケして1.9Gにしてくれるような親切な人もいます。クーポンをもらう側としては手数料を払わずにクーポンをゲットできるわけですから、このような値下げ交渉も試してみる価値があるかもしれません。

クーポンは基本的にアンドリューから買いますが、運が良ければ、メガロ銀行などでクーポンを露店に出している人がいるかもしれません。高額取引が多い人はゲルダを持たずにクーポンの状態で貯めていることが多かったので、ゲルダに換金したくなった人が露店で売っているわけです。そのままアンドリューに売ると5Mゲルダぴったりしか貰えないので、5%より少し安い値段を上乗せして売っています。クーポンを買う側としては少しでも手数料が安い方がいいですから、5%より安いなら露店で買った方が得です。そんな両者の思惑が合致して、だいたい相場5.1〜5.15Mぐらいで売られています。このとき、買う前には露店に出ているクーポンを必ずクリックして、「500万クーポン」と書いてあることを確認してください。他のクーポンと同じアイコン(色だけ違う)なので、わざと安いクーポンを売っている詐欺店に引っ掛からないようにしましょう。

画像
もちろん、普通に見ていれば気付くけど(^^


必要になった時点でアンドリューから買ってもいいですが、少しでも安く用意するという意味では、普段からチビチビと安い露店で買い集めて貯めておくほうが手数料を節約できます。高額取引の経験があるプレイヤーはクーポン前提で取引をしますので、看板にG単位の取引額があったら、ほとんどはクーポンを用意する必要があると考えてください。そんなに大きな取引はしないし、所持金が2Gを越えることもないのであれば、全額ゲルダの状態で持っていたほうが良いでしょう。


※詐欺?

僕は今のところ詐欺行為に遭ったことがありませんが、少し前まではPT板で「○○さん××を返してください」とか「○○は詐欺野郎」のような掲示を見かけたことがあります。「詐欺師」と聞くと、何か巧妙な手段で言葉巧みに相手を騙すというイメージですが、実際には単純に「ゲルダを払わずに逃げる」とか「借りたものを返さない」というパターンが多いみたいです。
前述したように、クーポンがなかった時期は「信用取引」しか手段がありませんでした。「信用取引」というのは、100Mを越える取引の場合に99,999,999ゲルダ単位で分けて、額面を満たすまで1:1取引を繰り返すやり方です。ここで問題になるのが、商品をいつ渡すのかという点です。最初に商品を渡した場合、ゲルダを支払う人は商品をゲットした後で払い続けることになりますから、商品を受け取った時点で逃げることも出来ます。商品を最後に渡す場合、商品を売る人は額面のゲルダをほぼゲットした状態で商品も同時に持っていますから、最後の取引をせずに逃げることも出来ます。ほとんどの場合で取引相手は初対面ですから、相手が逃げないことに対して何の担保もなく、相手を信用するしかありません。
明示的に「信用取引をしよう」と言わない限り、今はこのような取引はしませんので、ずいぶん詐欺行為は減ったのではないかと思います。実際のところ、初対面の相手が信用できるかというのは、材料が少なすぎて判断できないです。

 ・ゲーム内で(いい意味で)有名人
 ・キャラを消すのが惜しい程度にレベルが高い
 ・取引するまでの会話の内容
 ・ギルマスなど、責任感がある人
 ・PT板で取引募集を何度も見たことがある人

「マイオリーニ」という名前は意外と知られているみたいで、わりと信用してもらえます。

詐欺などの悪意ある行為をする人は、新しいアカウントを取得して「捨てキャラ」を作ります。問題があるキャラを運営者に申告する機能があるので、悪意あるプレイヤーに対するアカウント停止などの措置に備える目的なのでしょう。このような取引用の捨てキャラは育てる必要がありませんから、たいていは初心者マークが取れていない程度のレベルです。ただ、PC2台を併用して看板用キャラをメインキャラとは別に立てておくようなヘビープレイヤーもいるみたいなので、レベルが低い相手だから信用できないとも言い切れません。実際に会話してみて、人格的または取引方法に問題がなければ、基本的には取引を受けてよいと思います。取引には駆け引きがつきものですが、こちらが不利になるような条件を平然と言ってくるような相手なら、取引はしない方がよいかもしれません。
取引相手も自分と同じように、こちらを信用していいかどうか迷っているはずですので、こういうのはお互いさまです。お互いに歩み寄ろうという姿勢があれば、気持ちは自然と伝わると思いますヨ。

でも、本当はね、、、
楽しいはずのゲームの中に来てまで信用問題を考えたくない、というのが本音です。

他人の信用を裏切ってゲルダやアイテムをゲットしたって、ゲームは楽しくならないと思うんですけどねぇ。


※取引しましょう

両者で条件に折り合いがついたら、実際に取引します。
自分が売り手になった場合は、相手が出したクーポンが500万クーポンであること、ゲルダであればゼロの数が合っていることを必ず確認してください。買い手になった場合も同様に、看板の条件に合っているものかどうか確認してください。性能や金額などを「確認しました」などとチャットで書いておけば、相手も安心してくれるでしょう。

それから、これは考え方の問題なのですが、、、
現実世界と同じく、トリスタの世界も基本的には性善説で、ほとんどの人は「いいひと」であると僕は信じています。前述したような確認作業は手順として必要であっても、最初から疑ってかかるような態度は良くないと思っています。また、自分が楽をするために相手に負担を強いるような取引方法も、出来ることなら避けたいです。

納得できない値段で折れるのは優しさとは違いますが、取引を円滑に出来るようにする配慮は優しさであると思います。お互いに気を配って、ギスギスした取引にならないようにしたいものですネ。

画像
細かい配慮が、ゲーム全体を楽しいものに(^^b

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
本気装備をゲットしよう
こんにちは。 非課金殴り狐を追及する、マイオリーニです。 ...続きを見る
マイオリーニの日記(仮)
2013/01/20 20:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
自己レスです。

1:1取引でのゲルダ上限が、いつのまにか1Gになっていたことに気付きませんでした。
やっぱり、ある程度はクーポンに持ち替えておいたほうが良さそうですネ。
マイオリーニ
2009/07/31 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
クーポンと1:1取引について マイオリーニの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる