マイオリーニの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 殴り羊という生き方

<<   作成日時 : 2008/10/27 01:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

殴り羊について、僕なりの考えを書いてみます。独断と偏見ですが、よろしければご覧ください。


※特徴

全種族の中で最も殴りモーションが速いと言われている、羊。敏捷を下げることによる効果が見た目に現れやすく、すごい勢いでクリティカルを連発する姿は爽快で、帽子を飛ばしながら本で殴る動きがカワイイ。「魔法剣士」という響きも素敵です。

画像


ダークミストやダークエレメント、ウィングガード、マジックシールドといった魔法ならではの手段によって被ダメを抑え、不足しがちな魅力ステをカバーすることが出来ます。また、リカバリなどの回復魔法はHPポーションに比べて重量対効率が高く、ある程度は所持力不足を補えます。
MPを消費するのは常用スキルとリカバリだけなのでポーションの消費が少なく、ほとんど補給をせずに誰よりも長く狩り場に滞在できます。
ハードグラビティのように強力な範囲魔法を覚えると、殴り装備でBOSSを殴りながら沸きザコを一掃するような狩り方も可能です。

画像


ただし、感覚ステを振る余裕がないという点から、掘るという作業は苦手です。オールラウンドなキャラにすることは難しいので、別の器用なキャラを育てる必要があるでしょう。幸運も低めなので、序盤では物理攻撃ブロック率と弱クリティカル率の低さ、その後も魔法による本気狩りでの当たりにくさに悩まされると思います。


※所感

最初に殴りキャラを作るときに感か魔か迷いましたが、魔を選ばなくて良かったと思っています。それは殴り魔が劣っているという意味ではなくて、感覚ステが少ないので序盤での掘りやゲルダ稼ぎがやりにくそうだと感じたからです。殴り魔に関しては、やはりサブで育てたほうがいいなと思いました。
序盤は基本的にフェアーウィンド+ダークミストで、魅力ステの低さを気にせずにのんびり殴るというスタイルでした。ペースは遅いけどこのやり方でその後もイケるかと思ったのですが、アクティブで動きの速いMobが増えてくると、この狩り方ではダメなことに気づきます。殴りに特化した装備の魔力では被ダメも抑えられなくなってくるので、熊でPT狩りする頃にはダークミストは使わなくなります。
被ダメ抑える手段があるのでジュバンニや二次転職は狐より楽かと思ったのですが、実際には他のキャラより後れをとってしまいました。ジュバンニを倒したのは、確かレベル120前後だったと記憶しています。熱くなったジュバンニの痛い攻撃に耐えることは出来ても、幸運が低いのでブロック率が低く、連発で食らって回復が間に合わず死ぬパターンが多かったです。二次転職についても攻撃力メインの相手が楽になっただけで、特にリバイアサンでは狐のアームブレイクのように与ダメ増やす手段がなく、なかなか5分の壁を破れませんでした。仕方なくレベル150まで上げて、スコップをおさがりの鯖剣に持ち替えてクリアしました。

このように書くと、なんか殴り魔はダメみたいな感じに聞こえるかもしれませんが、ダークミストやダークエレメントのように被ダメを抑え続ける手段があるのは魅力ステ低いキャラの救いです。ダークエレメント覚えたてのレベルだと殴り装備では反射率低いのですが、レベルが上がって裸の魔力が増えてくると、かなり反射率よくなります。被ダメが半分になれば、BOSSなどの痛い攻撃にも何とか耐えられるでしょう。マイオリーニが戦えない相手でも、バルカローレなら勝算があります。
また、魔法スキルで選ばなかった属性も属性剣があれば使えますので、闇を選んだバルカローレも神剣を持てばアイスD3などでもPT狩りが出来ます。レベル上がってくると入れるPTが限定されてくるので、色々な狩り場に行けるのは便利だと思います。

今はレベル230代なので、このままマイオリーニのレベルを追い越して、マイオリーニが出来ないことをバルカローレで補完できたらいいなと考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
殴り羊という生き方 マイオリーニの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる